Dia de la madre

きのう9日は母の日でした。
ペルーでは母の日はとーっても大事な日で、私が思うにクリスマス、お正月の次に大切な日な感じがします。だって盛り上がり方がすごい!
1ヶ月くらい前から周りは母の日についての話題が上がり、私もたくさんの人に母の日のパーティーに招待されました。
家によってお祝いの仕方は違うようですが、一般的には家族みんなで集まりお母さんに感謝の挨拶をして一緒にご飯を食べ、その後は恒例の宴会プラス踊りが始まります。
誕生日でもクリスマスやお正月でも何か行事があるたびにビールをみんなで回し飲みし、そのうちみんな踊りだします。欠かせないのは音楽で、いっつも爆音の音楽が家中そして朝まで響きわたっています。誕生日なんてこっちは家族が多いから毎週誰かの誕生日だしそれプラスいつも何か行事があるからもうそろそろフィエスタにも正直うんざりしています。

話がそれましたが、みんなお母さんに何かプレゼントをします。
私も任地でたくさんのおばさん達に心配してもらっていつもごはんをご馳走になったり気を配ってもらっているので、プレゼントを買いに行きました。
a0126875_11571853.jpg

こういうときに日本から持ってきたお箸のセットや、小銭入れ、扇子、手ぬぐいなどが役立ちます。
だけど毎週だれかの誕生日だからそろそろ在庫切れになりそう。。

町全体も母の日のために大忙しです。遠くに住んでいる元ホームステイ先のママの子が彼女のためにプレゼントを送ったということで取りにいくことに。
a0126875_1244237.jpg

大量のプレゼント。でもとーっても働いている人達の効率が悪くってプレゼントを取りに来た人達はみんな野次を飛ばしまくり。目の前にあるプレゼントを受け取るのに2時間も待たされました。
中には「俺は朝の9時から待ってるんだ!お前らどんなに仕事ができないんだ!」と怒鳴っている人も。そのときはもう夜の7時だったのだけど逆に10時間も待っている人に関心してしまいます。
ペルーに来て、効率が悪いと思うことは日常茶飯事。これにも慣れないといちいちストレスが溜まります。

私は元ホームステイ先のお家で母の日を過ごしました。みんなあつあつのケーキが好きなので朝ごはんにケーキを準備するために朝の5時半に起き、ママの娘のジャッキーとケーキ作り。
みんなで朝ごはんを食べそれからお昼ご飯の準備。お昼ご飯の後は、ママのお母さんのお家に行って挨拶。彼女はもう92歳。だけどピンピンしています。
その他にもお世話になっているおばさん達に挨拶に行ったり大忙しでした。
本当は、日本にいる私の母にも何かしたかったのだけど日本に戻ってから何かしたいと思います。
遠いところからですが、お母さんいつもありがとう。

とりあえず、一大イベントが終わってホッとしています。配属先の市役所も村のおばさん達も母の日でバタバタしていたからやっと落ち着いて活動が再開できそうです。
それにしても疲れた~
こんな時には好きなものを作って食べるのが一番です。
a0126875_1234034.jpg

前、バイトしていたラマーサのご飯が恋しくなったので生ハムとキャベツのスープ、じゃがいものトルティージャ、月桂樹のごはん、牛肉のトマト煮込みを作って気分転換。

今週末は民芸品のフェリアもあるし明日からがんばるぞ~
[PR]
by tiny0702 | 2010-05-11 12:40 | ペルー
<< 期待した旅行 大好物 >>