カテゴリ:料理( 5 )

大好物

外国人がペルーに来るとセビッチェを絶対好むようになる。とペルー人は口を揃えていいます。
私もまんまとペルー人の言うとおりの外国人に当てはまってしまいました。
始めはどこへ食べにいってもセビチェばかりで、どこのセビチェも変わらないと思っていたのですが
チクラヨへ住んでからは毎日セビチェでも飽きないくらとりこに。
そして、チクラヨのセビチェが一番おいしい!特に元ホームステイ先のママか彼女から教わった自分で作るセビチェ。

セビチェにはいろんな種類があります。セビチェとは簡単に言うと魚介のマリネ。
a0126875_21591659.jpg

a0126875_22105720.jpg

これは一般的なセビチェミクストで、お魚やイカ、タコ、ホタテ、エビなど様々な魚介をレモン締めにしたもの。魚介であれば何でもレモンで締めて味をつければセビチェになるのです。

他にはこんなものも
a0126875_22114178.jpg

これはチンギリートといって、サメのような魚を干して千切り状にしたもの。スルメイカみたいな感じです。これもレモンであえるとセビチェになります。

a0126875_22135441.jpg

サバの塩漬け。北部ではこんな風に塩サバが出回っています。お腹の弱い人は止めたほうがいいけど
これもレモンで締めるとしめ鯖みたいでとってもおいしいです。

a0126875_22172985.jpg

色つきセビチェ。この色はペルー唐辛子やオリーブの実でソースを作ってこんな色になっています。

いろいろあってどれもおいしいけどやっぱり一番好きなのはチクラヨの素朴なセビチェ。
a0126875_22214116.jpg

チクラヨには他の地域では見られないほどあちこちにセビチェ屋さんがあってお昼になればセビチェ屋台がでてきます。
a0126875_22245517.jpg

セビチェにチリビーンズ、カンチャというとうもろこしの揚げたもの、そしてとうもろこしを潰し卵と混ぜて揚げたオムレツみたいなものがついてだいたい3ソル(100円)
みんなはおやつ代わりに食べるけど私にはこれでお腹いっぱいになります。

チクラヨのセビチェがなぜ好きなのかというと、とっても辛いから。チクラヨでは辛くしないとセビチェではないと言われていて、うちではいつも食べる時は舌をふーふーしながら食べています。
そしてうちのセビチェはたくさんのレモン、塩こしょう、クミン、お魚のだしだけで味付けたとってもシンプルなセビチェでパクチーと玉ねぎを最後にあえて食べます。
やっぱりシンプルなのが一番!みなさんチクラヨへ来たらうちのセビチェ食べにきてくださいね。
[PR]
by tiny0702 | 2010-05-07 22:34 | 料理

クイ

ペルー人がよく外国人相手にネタにする食べ物、クイ。
食用ネズミです。生きてるのはこんな感じ
a0126875_562852.jpg

こんな可愛い生き物を!と思う人がたくさんいるでしょうが私はもともと食べ物に対して可愛そうという感情をあまり抱かないので抵抗なく何でも食べています。(たまにお腹を壊しますが)

そして、ペルーに来てから頻繁に村や家で買っている動物や市場で売られている動物を殺す光景を見るようになってまだ自分で屠殺は経験したことないですが、食べるために動物が殺されることは自分の中で一つの習慣として根付いてしまいました。
今まで私の前でお肉になってしまった動物は鶏、七面鳥、鴨、羊、ヤギ、豚さん達です。
写真もあるけど少し不快にさせてしまうかもしれないのでここではやめておきます。

でもまだクイは見たことなくって、その機会を密かに狙っています。
調理後の姿はこんな感じ
a0126875_5285690.jpg
a0126875_5294152.jpg

主にオーブン焼かフライにして食べます。
少し見た目は悲惨ですが、お肉は淡白でとても食べやすいです。
ただ、日本みたいに臭みをとったりという下処理がきちんとされないことが多いので他のお肉料理を食べても味付けはおいしいのですがあと一歩と思うことが多々。
このクイ、栄養価がとても高くて繁殖しやすいので栄養改善のプロジェクトとしてクイを村の人達に配るということもされています。
私もペルーにいる間に飼ってみようかな~
[PR]
by tiny0702 | 2010-03-30 05:40 | 料理

Vamos a cocinar!~Humita~

今まで教えてもらってきた料理がたまってきたので今日も紹介したいと思います。

本日はHumita
チクラヨではお誕生日など何かお祝いのときによく出てきます。
とうもろこしの蒸し料理。
みんなの大好物だけど作るのはとても大変。

材料
・とうもろこし
・チーズ
・唐辛子
・玉ねぎ
・鶏肉

作り方
・とうもろこしをゆで、芯を取り除き挽きます。重労働。
a0126875_12584856.jpg
a0126875_12592561.jpg

・玉ねぎはすりおろし、唐辛子は石でペースト状にします。
 ママは石を使うことにすごくこだわりを持っていて包丁で刻むより味が全体に染み渡るから
 石のほうが絶対おいしいものが作れるんだそう。
a0126875_1324971.jpg

・多めの油で玉ねぎと唐辛子を炒めます。
a0126875_137797.jpg

・挽いたとうもろこしにたっぷりの砂糖を入れてよく混ぜ、炒めた玉ねぎと唐辛子と油も入れてよく混ぜます。
a0126875_1391489.jpg

・別のフライパンで鶏と唐辛子を炒め塩で味付けをしておきます。
・とうもろこしの皮に挽いたとうもろこしを載せ、おにぎりの具のようにチーズか炒めた鶏をいれ
 包みます。
a0126875_1312936.jpg

a0126875_13145564.jpg

・蒸すこと2時間・・・
a0126875_13175380.jpg

完成!とっても優しい味です。
a0126875_13203469.jpg

こっちはとうもろこしは安いけど日本で作るにはとうもろこしをたくさん使うからちょっと難しいかも・・・でもすごくおいしいのでお試しあれ~
[PR]
by tiny0702 | 2009-08-11 13:24 | 料理

Vamos a cocinar!~cau cau~

私が料理が好きだというとSenoraがいろんな料理を教えてくれるので、
「Vamos a cocinar!」と題して不定期ですが、ペルー料理のレシピを紹介していこうと思います。

今日のお料理はCau Cau。ペルー版モツ煮込みです。

材料
・モツ(牛)
・Aji amarillo(黄色い唐辛子)
・じゃがいも
・にんじん
・とうもろこし
・にんにく
・グリーンピース

作り方
1.まずモツをよく洗い、水と一緒に火にかけます。
  2時間くらいコトコトして、そこにとうもろこし、にんじん、ミント、グリーンピースを入れてさらに1時間。
  ミントは臭みを取るためで、長く煮込むのはモツをやわらかくするため。
(この写真は煮込んだ後ですが、こんな感じ)
a0126875_51702.jpg

2.モツを取り出して細かく刻みます
a0126875_5192133.jpg

3.黄色い唐辛子とにんにくを石で潰して液体状にし、油で炒めます。
a0126875_521725.jpg

4.そこに刻んだモツを加えてよく炒め、モツを煮込んだダシ汁を加えて煮込みます。
a0126875_5242364.jpg
  
  沸騰したら、あらかじめゆでたじゃがいも、一緒に煮込んだ野菜を加えさらにグツグツさせます。
a0126875_5254361.jpg

5.じゃがいもが柔らかくなったら、塩で味を調え、刻んだミントを入れてできあがり!
a0126875_5271013.jpg

ごはんと一緒に食べます。モツと野菜のダシが出てておいしいです。お試しあれ!
a0126875_5292512.jpg


~おまけ~
私もみんなに日本食を作りました!
今回はカレーと照り焼きチキン。食後には梅干と緑茶を出してみました。
a0126875_5323726.jpg

カレーと照り焼きはかなり評判が良かったのですが、梅干はお口に合わないみたい。
日本のカレーはどこでもウケるみたいですね。

それでは次回もお楽しみに!
[PR]
by tiny0702 | 2009-08-02 05:42 | 料理

食の文化交流

先週の日曜日ホームステイ先の息子Omarが、にぎり寿司以外の日本食を食べてみたいと
言っていたので、ペルーにある食材と私が持ってきた食材でできる日本食を作りました。
まず、ちらし寿司(画像が悪いですが)
a0126875_10282691.jpg

魚の名前は忘れたけど淡白な味のお魚です。日本にはいない気がします。
ちょっと何も手を加えないのは怖かったので漬けにしました。

次は肉じゃが(こちらも画像が悪くてごめんなさい)
a0126875_1033360.jpg

これは調味料以外は全部ペルーのもので作れますね。
あとはお味噌汁(インスタント)

私がプレゼントしたお箸で食べにくそうだったけど食べてくれました。
さて、肝心のお味は・・・みんな全部食べてくれました!
でもおいしいと言ってくれたのだけど
私的にはお寿司はパラパラのお米に粉末の寿司酢を使ったため少しお米が硬くていまいちでした。
今度はちゃんと自分で寿司酢を作らなきゃ
でも肉じゃがはちゃんとできました。
他にも梅干しやわさびも添えてみんな興味津々で楽しかったです。


そして今日はママがペルー料理を教えてくれました。
まずはAji de Gallina
ペルーの子供達が好きなリマの料理で、唐辛子のクリームソースみたいな感じです。

レシピはこちら
まずはじゃがいもと卵をゆでておきます。
a0126875_10563457.jpg

次ににんにくと玉ねぎを刻んでいためます。①
a0126875_1058753.jpg

その間にAji amarillo(オレンジの唐辛子)の芯をとり、辛さを弱めるため
砂糖とお酢を入れたお湯でゆで、ゆでた後、皮を剥きます。②
a0126875_1101712.jpg
a0126875_1121542.jpg

別のボールでパンに牛乳をひたします。③
a0126875_114234.jpg

これらの準備が整ったら、ミキサーに①②③とアーモンドの砕いたやつと塩を入れ
ミキサーにかけます。(水分が足りないときは牛乳を足してください)
ちなみにこちらの人はよくミキサーを使います。
a0126875_1181978.jpg

できあがったソースがこちら
a0126875_1191620.jpg

このソースに、ゆでてほぐした鳥肉(ツナでもOK!)を混ぜ、ふかした芋(ごはんでもOK!)と
ゆで卵を添えてできあがり!アーモンドのコクがあっておいしいです。 
a0126875_1112291.jpg


次はデザートのMazamorra Morada
ママはお菓子作りが好きみたいで毎日手作りのデザートとジュースがでてきます。

さて作りかたです。
まず、Maiz Moradoという紫のとうもろこしを水とクローブと一緒に煮ます。
それと別にパインの皮も水と一緒に煮てパインジュースを作ります。
とうもろこしの茹で汁を濾したものとパインジュースを一緒の鍋に入れ、
パインや干しぶどう、ドライチェリーなども入れ沸騰させます。この色はなんととうもろこしの色です!
a0126875_1128183.jpg

ちょうどいい加減の甘さになるよう砂糖を足します。
そこにコーンスターチを水で溶かしたものを入れとろみをつけます。
a0126875_1131134.jpg

冷まして、お好みでシナモンをふってできあがり!甘さ控えめでおいしいです。
a0126875_11324725.jpg


ペルー料理は一つの料理に結構数種類のハーブや調味料を使うような凝った料理がたくさんあります。
それとは反対に塩とレモンだけというようなシンプルな料理もたくさんあります。
毎日違った料理が出てきて、そしてどれもおいしくて本当にペルーに来てよかったなと思えます。

でも量が半端じゃないので気をつけないと!
そして来た時よりも確実に胃が大きくなっている気がします・・・やばいよ~

でも食は誰もが興味を持ってくれるので、コミュニケーションがはかどりますね!
[PR]
by tiny0702 | 2009-07-19 11:55 | 料理