カテゴリ:活動( 16 )

オーガニックコットン 続き

最近、なんだか体調が良くないです。きっと原因は食生活。
この間はセビチェ(魚介のマリネ)が大好きでそれを毎日お昼ごはんにしていたら、ある日突然吐き気が止まらなくなったり、最近はペルーのお昼の定食に飽きお昼ご飯をバナナやクラッカー等にしていたら貧血ぎみになりふらふらでした。去年の今頃はかなり太っていたのに今はそのおかげでかなり痩せてしまった。太ってもいいからおいしいもの食べたいよー。
おいしいものを食べるだけで幸せになれるのに今の任地ではとても難しいことです。チクラヨのご飯もおいしいんだけどやっぱり日本で食べてたご飯が恋しい・・・

さてさて、今日はこの間のオーガニックコットンの織物の続き。
前回は糸つむぎまで紹介したからいよいよ今回は織に入ります。
本来は私たちが紡いだオーガニックコットンの糸で織るのだけどまだ私たちの技術では織るのに十分な糸が紡ぐことができません。私の処女作。まだまだ修行が足りません・・・
a0126875_047501.jpg

ということで、とりあえずは毛糸で練習。だけどその毛糸を配属先に保管しておいたら半分盗まれてかなりもめました。市役所なのにそしてちゃんと鍵もかけておいたのに・・・

話を戻して、糸を織る前にまずは模様、色を決める作業。日本語でなんていうのかはわかりませんが糸を組み合わせる作業。ここで間違えたら織ることができません。
a0126875_0574952.jpg

これが終わったらいよいよ織りの作業。組み合わせた糸に竹や枝を配置して、
a0126875_2275377.jpg

織ります。始めはややこしくて何回も失敗。
a0126875_2473787.jpg

だけど練習を重ねて
なんとか織れるようになりました。でも本当の職人になるにはまだまだ修行が必要。おばちゃん達もまだまだです。これが一通りの作業。
今習っている女性達が自分達で糸を紡いで織物を売って稼げるようにちゃんと練習して見につけてくれることを願うばかりです。続きは完成品の紹介へ
[PR]
by tiny0702 | 2010-11-20 03:16 | 活動

ちゃんと生きてます

みなさん、お久しぶりです。お元気ですか?
ブログをかなり放置してしまいました。
そんな間にもう軽く1年が過ぎてしまいました。
ということで今の近況報告。まずは活動・うまくいっている方から紹介します。

民芸品の改善を目標にして活動していたのですが、村のおばちゃんたちが作るものが民芸品と呼べるかどうかというものばかりでどこから手をつけていいのか途方にくれていました。こんな感じ。
a0126875_1013650.jpg

ということで今作っているものを改善というより民芸品として売れ出せそうな全く新しいものを作る技術を学んでもらおうということでオーガニックコットン教室を開催しました。
a0126875_10233794.jpg

なぜオーガニックコットンの民芸品なのか。
まず村というかこの辺の地域で伝統として引き継がれている民芸品であること。
あとこの民芸品を作る職人さんが村に一人しかいないこと。
もうその職人さんはおばあちゃんでその人がいなくなったら誰もつくれる人がいなくなります。
a0126875_10354382.jpg

そして何より質がとってもいいこと。オーガニックコットンだから素材はもちろんいいし、綿の掃除から始まり糸紡ぎから生地織り、縫製まで全て手作業。オーガニックコットンはとても繊細だから機械で作るのと手作業では全然質が違ってきて手作りのものは一生ものらしいです。
そんな分けで職人さんにカウンターパートと一緒にお願いし、興味本位だけでなく技術存続のためにも村で民芸品または手芸品を作っている人限定にして教えてもらえることになりました。
私もせっかくなので一緒に参加。
今回はいままで習ったことをおさらい。まずはオーガニックコットンの掃除から。
a0126875_10402750.jpg

畑から直接買ってくるのでたくさんゴミがついていてそれをひとかけらのゴミもないように掃除します。それから同じ色同士に分ける作業。オーガニックコットンには12色の色があるそうです。
緑や赤などもあって染めていないのに自然の色だけで素敵な色が出ています。
a0126875_1101593.jpg

それから種をとる作業。一つの小さい綿なのにたくさん種がついていてとっても大変な作業です。
私はもうここで挫折しそうでした・・・

種がとれてきれいな状態になったらオーガニックコットンを薄くのばして一つの塊にする作業。
a0126875_1153959.jpg

オーガニックコットンは決して押しつぶしたりしてはいけなくていつでもソフトタッチが基本。
この作業も途方にくれる作業です。

ひとつの塊ができたら今度はそれを木の枝でたたいてさらに繊維をのばす作業。
a0126875_1191161.jpg

これはこつが必要で慣れるまでは腕が痛いです。この辺で豆ができたおばちゃんがちょくちょく出てきます。
繊維がのびきったら小さく丸めます。
a0126875_11353221.jpg

これでやっと糸が紡げる状態に。でもこの作業が全ての作業の中で一番の難関。
先生は簡単そうにやってのけますが実際やってみると全然紡げていない・・・
a0126875_11482882.jpg

両手が違う動きをしなくはいけないのでかなりの練習が必要。ここで失敗すると今までがんばって掃除して伸ばしたオーガニックコットンが台無しに。でも練習あるのみだから上達するまでは仕方ないですね。
とりあえず今はここまで。一人前になるにはまだまだですがみんな一生懸命学んでくれています。
続きはまた次回。
[PR]
by tiny0702 | 2010-10-17 11:51 | 活動

一曲の歌の価値

私の村にはマメイという果物があります。
a0126875_8411447.jpg

見た目はあまり可愛くないけど皮をむくとこんなオレンジ色。
a0126875_8464883.jpg

味はマンゴーとあんずのあいのこみたいな感じで歯ごたえがあって私の好きな味です。
よく村の人の家を訪れるとこのマメイをご馳走してくれます。
この村に来るまでこんなフルーツ見たことなかったので首都のリマなどにはあまり出回っていないようです。

だけどこの果物そんなに日持ちがしなくってすぐに柔らかくなって腐って食べられなくなってしまいます。やっぱりそのまま食べるのが一番おいしいのだけど悪くなって捨てるのはもったいない。
そしてこのフルーツ、村の人がちゃんと管理して育ててるというよりは勝手に木になっているという
感じなのでみんな安くで近所の人に売ったりあげたりしています。
それなら加工品にして売れないかと思い、マメイを使ったデザートを作ってみることにしました。
上手くいったら民芸品のグループの資金を集めるためにおばさん達に作り方を教えて今度開催するフェリアで売ってみようと思います。

さっそくメルカドに買いに行こうと思い、いつも一緒に活動をしているアルテサニアのグループリーダー、メラニアにちょっとマメイを買いに行ってくると言うとマメイなんてメルカドで買うもんじゃないと止められました。
前にフェレナフェの村から少し離れたところへ訪問したときに知り合ったおじさんがマメイの木を持ってるからその人に言ったら安くで売ってくれるということでその人に頼むことに。
a0126875_985742.jpg

このおじさんが住んでいるところは何もないし彼の家族や近所の人も仕事を探しに村を出てほとんど人が住んでいません。だけど彼は「俺はこの場所で生まれそれから一度もこの場所を離れたことはない。地元を愛することはとても大切だ。」と子供達は町で一緒に住もうと誘っているのですが断って一人で住んでいます。
おじいちゃんやおばあちゃんの世代は別にして日本に生まれてから一度もその場所から離れず同じ場所でずっと住み続けている人がどのくらいいるでしょうか。ペルーの山奥に行くとその場所から降りたことすらない人がたくさんいるけど、自分の行きたいところへ簡単に行ける環境がある私達にとっては並大抵のことではないように思えます。

話を戻してそのおじさんのところをもう一度訪ね、マメイとさとうきびを売ってもらうようお願いしました。ちょっと試してみたかっただけで2,3個欲しかっただけなのにそしたらゴミ袋の大きさの袋いっぱいにマメイを詰めておじさんが戻ってきました。一人でこの量をどう処理していいのかわかりません。
せっかく私のためにマメイを木からとってくれたのでその大量のマメイとさとうきびをとりあえず全部買うことに。

私    「いくらですか?」
おじさん 「5ソル(150円)でいいよ」
チクラヨで買うとだいたい1個1ソル(30円)するのに40~50個もあるマメイ、それにプラスさとうきびで5ソルは安すぎます。
私    「おじさん、それは安すぎます。悪いです。」
おじさん 「いいから、5ソルでいいよ」
私    「本当にありがとうございます。では5ソル受け取ってください」
おじさん 「確かに」
おじさん 「だけど、私も一つお願いがある。5ソル払うから日本の歌を1曲歌ってくれ」
私    「えっ?でも・・・」
おじさん 「ごちゃごちゃ言わんとイエスかノーかで答えなさい」
私    「わかりました」

ということで歌を歌うことに。とっさで良い歌が思いつかなかったのでペルー人に聞かせると喜ばれる森山直太郎のさくらを歌いました。
おじさんは「今日から寝るときにこの歌を思い出して良い夢が見れる」と大満足でしたが、私のとっても平凡な歌と大量の果物が同じ価値に値するなんて本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。マメイで何か作ったらおじさんのところへ持っていこうと思っています。

しかしこの大量のマメイとさとうきび、どうしよう・・・
a0126875_9441037.jpg

さとうきびはジュースにする機械がないのでそのまま食べるかさとうきびジュースを売っている所へ持っていくしかありません。
マメイはとりあえずうちのちっちゃなキッチンでこんな量を料理しきれないので配れるところへ配ってあとはジャム、デザートを作りためにマメイのピューレ、そしてドライマンゴーの要領でドライマメイを作ってみようと思っています。どっちにしてもうちでは無理なので元ホームステイ先のキッチンを借りようっと。
ムースやゼリーなどもおいしそうだけど加工品として売るならなるべく持ち運びが便利で日持ちするものがいいからドライマメイが上手くできたらいいな~
おじさんが喜んでくれるものができますように・・・
[PR]
by tiny0702 | 2010-05-21 09:55 | 活動

お料理教室

一人暮らしを始めてから、かなり時間を持て余すようになったのでこの時間を活用して、編み物したり、読書したり、そしてブログを書く時間もたくさん持てるようになりました。
いつサボるかわからないのでやる気のあるうちに更新しておきます。

さて、最近村のおばちゃん達を対象に週1回のお料理教室を始めました。
a0126875_2138689.jpg

私が教えるということになって、おばちゃん達はとても興奮してたくさん集まったのだけど、その大半の人は日本食は中華だと思い込んで来てしまいました。
ペルー人はChifaという中華プラスペルー料理のコンビネーション料理が大好きなのでいたるところにChifa料理レストランが見られます。
ということでまずは和食と中華、というか日本と中国という国の違いからの説明から始まることに。
私達にとってペルー人とボリビア人の見分けがつかないように、日本人と中国人は同じ国民だと考えている人がたくさんいるのです。
だけど、何度言ってもChifaのリクエストが殺到するので、和食→中華→和食→中華と交代で教えることしました。

第1回料理教室は定番の肉じゃがと芋まんじゅう
写真を撮るのを忘れましたが、肉じゃがはペルーで簡単に揃う食材だし低コストだし教えることにしました。ホームステイ先でも何回か日本食を作ったのだけど彼らには味が薄いらしく、そして基本的に煮物などは砂糖を使った料理が多いので食べてくれるけど彼らの舌には合わないようです。
芋まんじゅうは、ゆでた芋より蒸した芋のほうが味があること、生地も蒸すからヘルシーなことに感動してくれました。揚げたほうがきっと彼らの好みでしょうが。

第2回 タジャリンサルタード
完全に中華とペルー料理のあいのこ料理です。おばちゃん達の訴えに負けて作ったことも食べたこともないのに調べて教えることになりました。
a0126875_2156220.jpg

簡単に作り方を説明すると、牛肉、トマト、玉ねぎ、パプリカを炒め、そこに醤油、お酢、クミン、塩、こしょう、にんにく、しょうがで味付けソースを作りそれをゆでた麺に絡めてできあがり。
a0126875_2223085.jpg

前回はノートを取らなかった人達も今回は必死でした。う~ん。

次回はおにぎり、からあげ、玉子焼きのお弁当特集。挽回するぞー!
[PR]
by tiny0702 | 2010-05-05 22:05 | 活動

Monsefuの民芸品

Monsefu という場所がチクラヨにあります。
ここはペルーでいうスマップか嵐に値する国民的歌手グループ、Grupo5の出身地であり他にもHermanos YaipenなどMonsefu出身で有名な歌手グループがたくさんいます。
彼らの出身地としても有名だけど、グルメやそして民芸品としても有名な場所。
前にも何回か行ったことがあるのだけど知り合いの人がMonsefuの民芸品はしっかりした物を作っているというのを聞いたことがあるので何か良い情報を得ればと思い今回は視察に行ってきました。

ここにはお土産屋さんが並んでいる場所があります。(朝早く行ったのでほとんど閉まっていました)
a0126875_11495072.jpg

ここの民芸品は主に木で作ったもの、草を材料にした編み物、刺繍物が多いです。
私が気にって購入したもの達
a0126875_1263438.jpg

a0126875_12102145.jpg

a0126875_12134453.jpg

a0126875_12184742.jpg

この小物達のおかげで私の部屋がだいぶ明るくなりました。

確かに可愛いものはたくさんあるけどやっぱり、後始末の仕方や縫い方などが雑。
もししっかりしているのであれば、きっとどこかのNGOや組織が教えたのであろうからその人達に自分の村へも来てもらえるようなつてを探しに行ってきたのですが見つかりませんでした。
お店の人達にいろいろ聞くと、昔は特にアメリカ人を中心とした外国人観光客がたくさん買いにきたのだけど、今はあまり来ないと嘆いていました。
時間帯もあるけど私が行った時もほとんど人はおらず。どこも環境は同じなようです。
でもMonsefuの良いところは、民芸品の町として有名なところ、おみやげ物やさんが集中して並んでいて見つけやすいところ、Monsefu独特の民芸品があること。
私の活動地FerrenafeはMonsefuに比べるとまだまだ任地度がないしFerrenafe名物がない。
見習うところはたくさんあるようです。
[PR]
by tiny0702 | 2010-05-05 12:33 | 活動

ya tengo trabajo

今まで一番辛かったこと。
それは多くの人が私を必要としてくれていたのに、なかなか村へ行けなかったこと。
私が配属先から要請されていた地域は貧しいと言われている人がたくさんいます。
でも、私の住んでいる場所から最低でも片道3時間かかるし私が利用できる交通手段は朝4時に出るバスのみでそれに乗るのも夜中で危険なので村へ通うことがなかなかできませんでした。

そして私の配属先には村へ連れていってくれる人もいなければ、情報も共有できる人がいない。
村で調査をして自分の活動を計画立てても一人では何もできない。
そんな訳でこれまでは主にNGOを周ったり、誰か村へ連れていってくれる人を探したりなど、活動を始めるための環境作りみたいなことに集中していました。
なかなか活動が進まない上にいろんな事件に巻き込まれ日本に一時帰国したりかなり苦しかった。

でも、気を持ち直すできごとが!活動が始められそうな兆しが見えてきました。
せっかく知り合ったのに残念だけど、今まで通ってたところでの活動を続けるのは難しいのでもっと
住んでいる場所から通えるところを探すことに・・・
家から車で約30分のところにあるシカン遺跡のあるferrenafeの市役所を訪れたところ、私に今市役所が関わっているプロジェクトを紹介してくれました。
彼らと一緒にできれば、私にとってはすっごく魅力的でやりがいのある活動となりそうです。
その肝心の内容なのですが、また次回ゆっくり説明しますね。
このまま村探しで2年間が終わるともう悲観していたのでまずはひと安心。
いろんな人に心配してもらっていたのでご迷惑おかけしました。
うちのヒメナにも元気をもらいながら頑張りまーす。
a0126875_12375938.jpg

a0126875_12414236.jpg

[PR]
by tiny0702 | 2010-04-10 12:42 | 活動

ご無沙汰でした

お久しぶりです。みなさん元気ですか?
私はだいぶブログをサボってしまいました・・・。

いろいろあって、日本に戻ったり、活動環境をもう一度整え直すことになったり
気分が落ちこんだり滅入ったりすることがたくさんあるけど、たくさんの人に支えてもらって何とかやっています。

たぶん今までもこれからも自分が人の役に立つことよりも、自分が人のお世話になることのほうが割り合いとしてはかなり多くなりますが、その中でできることを見つけてやっていくつもりです。
ブログもその一つ。自分のためにも多くの人にいろんなことを知ってもらうためにも怠らず発信します。
a0126875_64015.jpg


なので私のことを忘れないでくださいねー!
[PR]
by tiny0702 | 2010-03-27 06:04 | 活動

Lakipampa

活動地の紹介。
私の活動地はInkawasiという地域でその中には約30個以上の村が点在しています。
山奥のほうになると標高は3000mとなりとても寒く、ケチュアというまた別の言語を話します。
村の人々はこんな感じ。皆さんが想像するようなペルーという感じですね。
a0126875_1213481.jpg

山奥になればなるほど、貧しいのですがいきなり住んでいるところから6時間や7時間もかかる場所に通うのは難しいし、まして言葉が通じないので山の下のほうから活動を始めることにします。

そこで私が選んだのは2つの村。
まず一つ目はLakipampa。
a0126875_12161038.jpg

村の人口は約500人の少し大きな村。Lakipampaは自然保護区でその景色はとても心を癒してくれます。Pava blancaという変わった七面鳥の一種や他にも珍しい鳥や動物が見れるということで外国人観光客もちらほら訪れるようになってきているそう。
というわけで村には宿泊所や観光スポットなどがあります。

Lakipampaには学校や保健所、お店など一つの村として整っていて、電気も通っているし家によっては水道がある家もあります。
私が村に行くときはお店を持っているSeñoraのお家にお願いして何泊か泊めさせてもらっています。お店のSeñoraはとてもキャラが強いのですが、面倒見がよく学校に連れっていってくれて子供達に私のことを紹介してくれたし、住民に会うたび私のことを説明してくれるのでとても助けてもらっています。
a0126875_12165433.jpg

村の人々の職業はほとんどがとうもろこし農業で、朝の6時から1時まで働いてお昼からはのんびりするという生活スタイル。
でも女性は仕事がたくさんあって蒔集めや、料理、子供の世話、畑仕事、家畜の世話など朝から晩まで働いているのに男性は仕事が終わると昼寝をし時には働かず、朝からヨンケというサトウキビでできたとてつもなくただただ強いお酒を飲んでいる姿もちらほら。
まだほんの一部を見ただけでもたくさん問題点となりそうな箇所が目にかかります。

この村には、他国からのNGOや他にも援助が入っていて、Peace cupで私と同じような職種で活動をしているPeatelにも出会うことができました。
a0126875_1221971.jpg

でもなんと彼はもう任期が終わり、アメリカに帰ってしまうのだそう。せっかく協力者が見つかった思ったのにとても残念。でも彼にもいろんな人を紹介してもらったし、彼が行ってきた活動や彼から見た村の問題点などとても貴重な情報を手に入れることができました。

少しずつだけど村の人とも会話をして、顔を覚えてもらっています。私は根掘り葉掘り質問するのが苦手なので、村の人の仕事を付きそわせてもらったり、料理を一緒に作ったりしながら会話をする中でいろいろ探っています。時間はかかるしかなり遠回りですが、これが自分にあったやり方。焦らずにいきます。
a0126875_12511147.jpg


まだまだ知らないことは山盛りですが第一印象、とてもいい感じです。
a0126875_12565145.jpg

[PR]
by tiny0702 | 2009-11-07 12:59 | 活動

視点

活動を進めるため考え方を変えました。

今までは、まず配属先の人に村へ連れていってもらって村への行き方やどこで寝泊りできるか教えてもらってからでないと一人で行くのは無理だと思いこみ、連れていってもらえるまで待っていました。
しかし待てども待てども、お願いして日程を組んでも予定通りに進まず・・・
何回かは付き添いさせてもらったけど、彼らの仕事で手一杯の様子。

そこでなぜこんな状況になっているのかよーく考えてみました。
私の配属先は何度も言うようにマイクロクレジットを専門に行っている事務所。
そして私の活動は村落開発。貧困の削減という最終的な目標は同じだけど内容は全く別。
もちろん役に立てる部分はたくさんあるのですが、私の活動対象者は顧客だけでなく村の住民全員なので目指しているものが少し違います。
なので興味を持ってくれる人はたくさんいますが、彼らの仕事を中断してまでも手伝う余裕は彼らにはありません。

自分の立場で考えてみると日本から来たのに、誰も手伝ってくれないなんてひどい、日本だったらこんなことはありえない、とか思ってしまします。
だけど相手の立場にとって考えてみると、こんなに忙しいのに自分達の業務と直接関係ない外国人のお世話をしないといけないなんて余計な仕事が増えてやっかいだなと思われているかもしれません。
その気持ちも理解できなくはありません。

ということで、事務所には籍を置かせてもらっているけど、活動は完全な個人活動であると考え直しました。
そしたら、今まで何かから縛られていたものが解放された気分で活動の範囲が広まりました。
物事の捉えかたは非常に大事です。

そしてやっと自分の活動を目的とした村訪問が実現できました。
まずは近場の村Puchacaから。といっても家から片道3時間以上
a0126875_10444630.jpg

村へ行くには川を歩いて渡らなければなりません。
a0126875_10485349.jpg

今は水が少なくてそれでも滑りやすいから渡るのに足を切ったりしたけど、雨季になればさらに頭くらいの高さまで水があるというのでこれから先が少し不安です。
ちゃんとした道がないので道に迷ったり沼にはまって服がドロドロになったり散々でしたが、
泊めてくれる家が見つかったし、お昼ごはんをご馳走してくれる人や、村を案内してくれる人など多くの住人の人にお世話になり結果的にとても充実した訪問となりました。

まだまだ自分の活動を始めるためにたくさんの人と会話を交わす必要があるけど、自己紹介がてらに来月にはちょっとしたワークショップを始めれたらと考えています。
明日はまた違う村を訪問してきまーす。
[PR]
by tiny0702 | 2009-10-29 11:01 | 活動

一歩前進

ブログ、だいぶご無沙汰してしまいました。
全くバタバタはしてなくて、ブログを書く時間は充分あったのだけど、
いろんな問題が起きたり、少し病気になったりで気が沈んでました。
心配してくださった方々、ありがとうございます。

でも、もう大丈夫!
活動も、少し停滞していたのですがやっと先が見えてきたという感じです。
少しずつだけど活動先にも連れていってもらえるようになって、そろそろ調査も開始できそうです。
かなり遅れたスタートになっていますが、気を取り直して進みます。
a0126875_4183326.jpg

次回は活動村について紹介しまーす!
[PR]
by tiny0702 | 2009-10-14 04:22 | 活動