<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

一曲の歌の価値

私の村にはマメイという果物があります。
a0126875_8411447.jpg

見た目はあまり可愛くないけど皮をむくとこんなオレンジ色。
a0126875_8464883.jpg

味はマンゴーとあんずのあいのこみたいな感じで歯ごたえがあって私の好きな味です。
よく村の人の家を訪れるとこのマメイをご馳走してくれます。
この村に来るまでこんなフルーツ見たことなかったので首都のリマなどにはあまり出回っていないようです。

だけどこの果物そんなに日持ちがしなくってすぐに柔らかくなって腐って食べられなくなってしまいます。やっぱりそのまま食べるのが一番おいしいのだけど悪くなって捨てるのはもったいない。
そしてこのフルーツ、村の人がちゃんと管理して育ててるというよりは勝手に木になっているという
感じなのでみんな安くで近所の人に売ったりあげたりしています。
それなら加工品にして売れないかと思い、マメイを使ったデザートを作ってみることにしました。
上手くいったら民芸品のグループの資金を集めるためにおばさん達に作り方を教えて今度開催するフェリアで売ってみようと思います。

さっそくメルカドに買いに行こうと思い、いつも一緒に活動をしているアルテサニアのグループリーダー、メラニアにちょっとマメイを買いに行ってくると言うとマメイなんてメルカドで買うもんじゃないと止められました。
前にフェレナフェの村から少し離れたところへ訪問したときに知り合ったおじさんがマメイの木を持ってるからその人に言ったら安くで売ってくれるということでその人に頼むことに。
a0126875_985742.jpg

このおじさんが住んでいるところは何もないし彼の家族や近所の人も仕事を探しに村を出てほとんど人が住んでいません。だけど彼は「俺はこの場所で生まれそれから一度もこの場所を離れたことはない。地元を愛することはとても大切だ。」と子供達は町で一緒に住もうと誘っているのですが断って一人で住んでいます。
おじいちゃんやおばあちゃんの世代は別にして日本に生まれてから一度もその場所から離れず同じ場所でずっと住み続けている人がどのくらいいるでしょうか。ペルーの山奥に行くとその場所から降りたことすらない人がたくさんいるけど、自分の行きたいところへ簡単に行ける環境がある私達にとっては並大抵のことではないように思えます。

話を戻してそのおじさんのところをもう一度訪ね、マメイとさとうきびを売ってもらうようお願いしました。ちょっと試してみたかっただけで2,3個欲しかっただけなのにそしたらゴミ袋の大きさの袋いっぱいにマメイを詰めておじさんが戻ってきました。一人でこの量をどう処理していいのかわかりません。
せっかく私のためにマメイを木からとってくれたのでその大量のマメイとさとうきびをとりあえず全部買うことに。

私    「いくらですか?」
おじさん 「5ソル(150円)でいいよ」
チクラヨで買うとだいたい1個1ソル(30円)するのに40~50個もあるマメイ、それにプラスさとうきびで5ソルは安すぎます。
私    「おじさん、それは安すぎます。悪いです。」
おじさん 「いいから、5ソルでいいよ」
私    「本当にありがとうございます。では5ソル受け取ってください」
おじさん 「確かに」
おじさん 「だけど、私も一つお願いがある。5ソル払うから日本の歌を1曲歌ってくれ」
私    「えっ?でも・・・」
おじさん 「ごちゃごちゃ言わんとイエスかノーかで答えなさい」
私    「わかりました」

ということで歌を歌うことに。とっさで良い歌が思いつかなかったのでペルー人に聞かせると喜ばれる森山直太郎のさくらを歌いました。
おじさんは「今日から寝るときにこの歌を思い出して良い夢が見れる」と大満足でしたが、私のとっても平凡な歌と大量の果物が同じ価値に値するなんて本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。マメイで何か作ったらおじさんのところへ持っていこうと思っています。

しかしこの大量のマメイとさとうきび、どうしよう・・・
a0126875_9441037.jpg

さとうきびはジュースにする機械がないのでそのまま食べるかさとうきびジュースを売っている所へ持っていくしかありません。
マメイはとりあえずうちのちっちゃなキッチンでこんな量を料理しきれないので配れるところへ配ってあとはジャム、デザートを作りためにマメイのピューレ、そしてドライマンゴーの要領でドライマメイを作ってみようと思っています。どっちにしてもうちでは無理なので元ホームステイ先のキッチンを借りようっと。
ムースやゼリーなどもおいしそうだけど加工品として売るならなるべく持ち運びが便利で日持ちするものがいいからドライマメイが上手くできたらいいな~
おじさんが喜んでくれるものができますように・・・
[PR]
by tiny0702 | 2010-05-21 09:55 | 活動

期待した旅行

もう1ヶ月くらい前になるのですが、ペルーのイカという所に遊びに行ってきました。
イカはナスカの地上絵があるところで有名なのだけど、私が一番行きたかったのはワカチナというところ。
日本にいるときに私の好きなTRANSITという旅行雑誌にワカチナの写真が載っていてそれに感動しずっと行ってみたかった場所のひとつ。(その記事の写真をお借りします)
a0126875_11223597.jpg

先輩隊員の人達と行ってきました。
首都リマから約4時間バスに乗りイカに到着し、イカからタクシーで約5分。
だんだん砂漠が近づいてきて胸を膨らませて、この写真をイメージして期待していたのですが実際みるとすんごくちっちゃい!
15分もあったら1週できるような集落でしかもほとんどホテル。う~ん、写真にやられた・・・。

ここに来たらみんなやるのがサンドバギー。私達もサンドバギーのツアーに参加しました。
こんな車に乗って砂山を登り、ボードに乗って砂山を滑ります。
a0126875_11372272.jpg

砂遊びに夢中になってたらすっかり日が暮れて、一番の目的のワカチナ全体の写真が撮れず次の日の朝、早起きして撮ることを決意してその日は就寝。
5時に起きたのだけどまだ真っ暗で撮れず。だけど6時には他のツアーに行かないといけなくて、でも写真を撮りたくてワカチナ来たのだからどうしても撮りたくて6時前に日が明けて急いで砂山を走って登りました。
体力のない私に起きてすぐ砂山を短時間で登るというのは無謀。死ぬかと思いました。
結局上まで登れなくて撮れたのはこんな中途半端な写真。
a0126875_11535827.jpg

ガイドのお兄ちゃんが早くしろと急かすので泣く泣くあきらめて次のツアーへ。ん~無念!

ワカチナを去り車に1時間乗ってパラカスというところへ行ってきました。
ここにはリトル・ガラパゴスと呼ばれるペンギンやアザラシ等の動物達がたくさんいる小さな島があります。リトルガラパゴスと言われるくらいだからたくさんのかわいいペンギン達やアザラシちゃんが見れるのだと期待してボートに乗り出発。
a0126875_121377.jpg

だいたい40分で島に到着しました。
島に着いた途端、異臭が・・・期待のペンギンはほっとんどおらずいるのは大量の黒と白の鳥達。大量に鳥がいすぎて気持ち悪いし、異臭の原因は鳥の糞でした。
a0126875_1275181.jpg

なんかアワビや岩等にくっついてるぶつぶつのちっちゃい貝達を思い出します。

ボートのガイドさんが次はアザラシがたくさんいる島が見れると言うのでで今度こそ期待して気を持ち直すことに。
だけどその島に近づくごとになんか怖い叫び声が・・・。想像していたかわいいアザラシちゃんじゃなくてそこにいたのは吠えまくってて顔が怖いアザラシばかり。
a0126875_12183189.jpg

そして周りには可愛くない大量の鳥達だし期待外れと異臭とその光景にやられて完全に船酔いしました。帰りはこんなひどい顔に。
a0126875_12152876.jpg


その後はもっとひどくて海が近いからおいしい海鮮料理が食べれると思ってセビチェと魚介ご飯を頼んだのだけど口に入れた瞬間、臭い!食べ物じゃありませんでした。こんなまずい食べ物食べたの生まれて初めてで、本当にショックでした。
だって自分の料理に自信があるからレストランを開けるわけで、とりあえず観光客が来るしどこがおいしいかもわからないから何を出しても売れるという魂胆でお店を出すという考えに、特に旅で食べ物を重視する私にとってはとっても納得がいかず一人で憤慨していました。

セビチェはちょっと食べたけどご飯は本当にまずくて飲み込むこともできずほとんど喉を通していないのに食あたりをおこし、それプラス船酔いで帰りのバスは死んでました。
しかもそれからしばらく体調を崩し、熱は出るは1週間寝たきり状態に。寝ると夢にあの恐ろしい料理がでてきてそれで気持ち悪くなって目が覚めるし本当に悲惨。
あんなに期待した旅行だったのにー!
きっとイカが好きな人もいるでしょうが、もう私は行きません。
今度は素敵な旅行でありますように・・・
[PR]
by tiny0702 | 2010-05-19 12:37 | ペルー

Dia de la madre

きのう9日は母の日でした。
ペルーでは母の日はとーっても大事な日で、私が思うにクリスマス、お正月の次に大切な日な感じがします。だって盛り上がり方がすごい!
1ヶ月くらい前から周りは母の日についての話題が上がり、私もたくさんの人に母の日のパーティーに招待されました。
家によってお祝いの仕方は違うようですが、一般的には家族みんなで集まりお母さんに感謝の挨拶をして一緒にご飯を食べ、その後は恒例の宴会プラス踊りが始まります。
誕生日でもクリスマスやお正月でも何か行事があるたびにビールをみんなで回し飲みし、そのうちみんな踊りだします。欠かせないのは音楽で、いっつも爆音の音楽が家中そして朝まで響きわたっています。誕生日なんてこっちは家族が多いから毎週誰かの誕生日だしそれプラスいつも何か行事があるからもうそろそろフィエスタにも正直うんざりしています。

話がそれましたが、みんなお母さんに何かプレゼントをします。
私も任地でたくさんのおばさん達に心配してもらっていつもごはんをご馳走になったり気を配ってもらっているので、プレゼントを買いに行きました。
a0126875_11571853.jpg

こういうときに日本から持ってきたお箸のセットや、小銭入れ、扇子、手ぬぐいなどが役立ちます。
だけど毎週だれかの誕生日だからそろそろ在庫切れになりそう。。

町全体も母の日のために大忙しです。遠くに住んでいる元ホームステイ先のママの子が彼女のためにプレゼントを送ったということで取りにいくことに。
a0126875_1244237.jpg

大量のプレゼント。でもとーっても働いている人達の効率が悪くってプレゼントを取りに来た人達はみんな野次を飛ばしまくり。目の前にあるプレゼントを受け取るのに2時間も待たされました。
中には「俺は朝の9時から待ってるんだ!お前らどんなに仕事ができないんだ!」と怒鳴っている人も。そのときはもう夜の7時だったのだけど逆に10時間も待っている人に関心してしまいます。
ペルーに来て、効率が悪いと思うことは日常茶飯事。これにも慣れないといちいちストレスが溜まります。

私は元ホームステイ先のお家で母の日を過ごしました。みんなあつあつのケーキが好きなので朝ごはんにケーキを準備するために朝の5時半に起き、ママの娘のジャッキーとケーキ作り。
みんなで朝ごはんを食べそれからお昼ご飯の準備。お昼ご飯の後は、ママのお母さんのお家に行って挨拶。彼女はもう92歳。だけどピンピンしています。
その他にもお世話になっているおばさん達に挨拶に行ったり大忙しでした。
本当は、日本にいる私の母にも何かしたかったのだけど日本に戻ってから何かしたいと思います。
遠いところからですが、お母さんいつもありがとう。

とりあえず、一大イベントが終わってホッとしています。配属先の市役所も村のおばさん達も母の日でバタバタしていたからやっと落ち着いて活動が再開できそうです。
それにしても疲れた~
こんな時には好きなものを作って食べるのが一番です。
a0126875_1234034.jpg

前、バイトしていたラマーサのご飯が恋しくなったので生ハムとキャベツのスープ、じゃがいものトルティージャ、月桂樹のごはん、牛肉のトマト煮込みを作って気分転換。

今週末は民芸品のフェリアもあるし明日からがんばるぞ~
[PR]
by tiny0702 | 2010-05-11 12:40 | ペルー

大好物

外国人がペルーに来るとセビッチェを絶対好むようになる。とペルー人は口を揃えていいます。
私もまんまとペルー人の言うとおりの外国人に当てはまってしまいました。
始めはどこへ食べにいってもセビチェばかりで、どこのセビチェも変わらないと思っていたのですが
チクラヨへ住んでからは毎日セビチェでも飽きないくらとりこに。
そして、チクラヨのセビチェが一番おいしい!特に元ホームステイ先のママか彼女から教わった自分で作るセビチェ。

セビチェにはいろんな種類があります。セビチェとは簡単に言うと魚介のマリネ。
a0126875_21591659.jpg

a0126875_22105720.jpg

これは一般的なセビチェミクストで、お魚やイカ、タコ、ホタテ、エビなど様々な魚介をレモン締めにしたもの。魚介であれば何でもレモンで締めて味をつければセビチェになるのです。

他にはこんなものも
a0126875_22114178.jpg

これはチンギリートといって、サメのような魚を干して千切り状にしたもの。スルメイカみたいな感じです。これもレモンであえるとセビチェになります。

a0126875_22135441.jpg

サバの塩漬け。北部ではこんな風に塩サバが出回っています。お腹の弱い人は止めたほうがいいけど
これもレモンで締めるとしめ鯖みたいでとってもおいしいです。

a0126875_22172985.jpg

色つきセビチェ。この色はペルー唐辛子やオリーブの実でソースを作ってこんな色になっています。

いろいろあってどれもおいしいけどやっぱり一番好きなのはチクラヨの素朴なセビチェ。
a0126875_22214116.jpg

チクラヨには他の地域では見られないほどあちこちにセビチェ屋さんがあってお昼になればセビチェ屋台がでてきます。
a0126875_22245517.jpg

セビチェにチリビーンズ、カンチャというとうもろこしの揚げたもの、そしてとうもろこしを潰し卵と混ぜて揚げたオムレツみたいなものがついてだいたい3ソル(100円)
みんなはおやつ代わりに食べるけど私にはこれでお腹いっぱいになります。

チクラヨのセビチェがなぜ好きなのかというと、とっても辛いから。チクラヨでは辛くしないとセビチェではないと言われていて、うちではいつも食べる時は舌をふーふーしながら食べています。
そしてうちのセビチェはたくさんのレモン、塩こしょう、クミン、お魚のだしだけで味付けたとってもシンプルなセビチェでパクチーと玉ねぎを最後にあえて食べます。
やっぱりシンプルなのが一番!みなさんチクラヨへ来たらうちのセビチェ食べにきてくださいね。
[PR]
by tiny0702 | 2010-05-07 22:34 | 料理

お料理教室

一人暮らしを始めてから、かなり時間を持て余すようになったのでこの時間を活用して、編み物したり、読書したり、そしてブログを書く時間もたくさん持てるようになりました。
いつサボるかわからないのでやる気のあるうちに更新しておきます。

さて、最近村のおばちゃん達を対象に週1回のお料理教室を始めました。
a0126875_2138689.jpg

私が教えるということになって、おばちゃん達はとても興奮してたくさん集まったのだけど、その大半の人は日本食は中華だと思い込んで来てしまいました。
ペルー人はChifaという中華プラスペルー料理のコンビネーション料理が大好きなのでいたるところにChifa料理レストランが見られます。
ということでまずは和食と中華、というか日本と中国という国の違いからの説明から始まることに。
私達にとってペルー人とボリビア人の見分けがつかないように、日本人と中国人は同じ国民だと考えている人がたくさんいるのです。
だけど、何度言ってもChifaのリクエストが殺到するので、和食→中華→和食→中華と交代で教えることしました。

第1回料理教室は定番の肉じゃがと芋まんじゅう
写真を撮るのを忘れましたが、肉じゃがはペルーで簡単に揃う食材だし低コストだし教えることにしました。ホームステイ先でも何回か日本食を作ったのだけど彼らには味が薄いらしく、そして基本的に煮物などは砂糖を使った料理が多いので食べてくれるけど彼らの舌には合わないようです。
芋まんじゅうは、ゆでた芋より蒸した芋のほうが味があること、生地も蒸すからヘルシーなことに感動してくれました。揚げたほうがきっと彼らの好みでしょうが。

第2回 タジャリンサルタード
完全に中華とペルー料理のあいのこ料理です。おばちゃん達の訴えに負けて作ったことも食べたこともないのに調べて教えることになりました。
a0126875_2156220.jpg

簡単に作り方を説明すると、牛肉、トマト、玉ねぎ、パプリカを炒め、そこに醤油、お酢、クミン、塩、こしょう、にんにく、しょうがで味付けソースを作りそれをゆでた麺に絡めてできあがり。
a0126875_2223085.jpg

前回はノートを取らなかった人達も今回は必死でした。う~ん。

次回はおにぎり、からあげ、玉子焼きのお弁当特集。挽回するぞー!
[PR]
by tiny0702 | 2010-05-05 22:05 | 活動

Monsefuの民芸品

Monsefu という場所がチクラヨにあります。
ここはペルーでいうスマップか嵐に値する国民的歌手グループ、Grupo5の出身地であり他にもHermanos YaipenなどMonsefu出身で有名な歌手グループがたくさんいます。
彼らの出身地としても有名だけど、グルメやそして民芸品としても有名な場所。
前にも何回か行ったことがあるのだけど知り合いの人がMonsefuの民芸品はしっかりした物を作っているというのを聞いたことがあるので何か良い情報を得ればと思い今回は視察に行ってきました。

ここにはお土産屋さんが並んでいる場所があります。(朝早く行ったのでほとんど閉まっていました)
a0126875_11495072.jpg

ここの民芸品は主に木で作ったもの、草を材料にした編み物、刺繍物が多いです。
私が気にって購入したもの達
a0126875_1263438.jpg

a0126875_12102145.jpg

a0126875_12134453.jpg

a0126875_12184742.jpg

この小物達のおかげで私の部屋がだいぶ明るくなりました。

確かに可愛いものはたくさんあるけどやっぱり、後始末の仕方や縫い方などが雑。
もししっかりしているのであれば、きっとどこかのNGOや組織が教えたのであろうからその人達に自分の村へも来てもらえるようなつてを探しに行ってきたのですが見つかりませんでした。
お店の人達にいろいろ聞くと、昔は特にアメリカ人を中心とした外国人観光客がたくさん買いにきたのだけど、今はあまり来ないと嘆いていました。
時間帯もあるけど私が行った時もほとんど人はおらず。どこも環境は同じなようです。
でもMonsefuの良いところは、民芸品の町として有名なところ、おみやげ物やさんが集中して並んでいて見つけやすいところ、Monsefu独特の民芸品があること。
私の活動地FerrenafeはMonsefuに比べるとまだまだ任地度がないしFerrenafe名物がない。
見習うところはたくさんあるようです。
[PR]
by tiny0702 | 2010-05-05 12:33 | 活動

引越し

今までお世話になっていたホームステイ先から治安の問題などで出ることになり、一人暮らしが始まりました。
本当に良い家族で、家を出るときはみんなと泣く泣くお別れ。
だけど家を出てまだ1週間だけど結局ほとんど毎日のように顔を出しています。
いい人達にめぐりあえるということは、本当に幸せなことです。

さて、新しいお家。
大家さんには日本人の奥さんがいて、最近お二人が日本から帰ってきて1階には彼らが住み2階に私が住んでいます。
他の隊員に会える機会はたくさんないしチクラヨには日本人はいないと言われていたので、日本人に会える機会、日本語を話せる機会が増えて嬉しいです。
今のところは玄関、部屋が2つ、キッチン、バストイレという構造。
この1週間掃除して、片付けてやっと家らしくなりました。
寝室
a0126875_22484392.jpg

市場でこの子供用の寝具セットを見つけて一目惚れして買っちゃった。
この部屋だけは土足厳禁。だけどペルー人にはわかってもらえなさそう・・

キッチン
a0126875_22534132.jpg

炊飯器やコーヒーメーカー、フライパン、食器などは先輩隊員からの頂きもの。
本当に助かっています。
キッチンがあるおかげでかなり暇つぶしになっています。ペルーは食材が豊富だし何でも作れるし。
ただ、食べてくれる人がいないのでいつも残ってしまうのが問題。。。
今まではペルー料理生活だったけどこれからはセビチェは作るけどしばらくペルー料理はお休みしようと思っています。おいしいんだけどね。
市場でハマグリとタコを見つけたのでクラムチャウダーとタコのマリネを作りました。
a0126875_2383216.jpg


ダイニング兼作業部屋
a0126875_2303560.jpg

机や椅子、ベッドなどは大家さんに貸してもらって棚などはダンボールなどで代用。
あとはフルーツが入っている木の箱を市場にいって1個1ソル(約30円)で売ってもらいかなり活用しています。協力隊っぽくて気に入っています。

まだまだ殺風景だけどこれから少しずつ自分の撮った写真とペルーの民芸品を集めて可愛くしていこうと思っています。
今までずっと話相手がいたので少し寂しいけど、早く慣れたらいいな。
[PR]
by tiny0702 | 2010-05-03 23:12 | 生活

新しいお仕事

この4月はとってもバタバタしていました。
この1ヶ月で変わったこと
・配属先
・カウンターパート
・家
・活動先
これらを変えることにすっごく悩んだけど今の段階ではこれでいいのではないかと思っています。

今までの配属先には自分の居場所もなかったし、カウンターパートは忙しくて話す時間ないし、配属先の管轄している村へいく交通手段の確保が難しくてこれまで一人でもがいてきました。
これらの問題を解決するために話し合いをしてきたのだけど、人不足で私のために人は提供できないし交通手段も提供できないということで前に進まず・・・
それなら!と一人で通えるようなもっと近い場所にしようと思って探し、今のところに落ち着きました。でも、そこは元配属先の管轄ではない・・・
本当は今まで通っていた村で続けたかったし、山奥なのでそちらのほうが援助を必要としている人が多いのだけど状況的にすごく難しくて断念しました。

今は、シカン遺跡で有名なフェレナフェという村の市役所に配属していて、主に観光事業の改善を要請としてそれに向けて話しあいを進めています。
私のカウンターパート
a0126875_1059565.jpg

おじいちゃんです。笑
でも彼は日本に4年くらいいたことがあるらしく、なかなか理解のある人だしペルー人にめずらしく時間に正確。

そして私の主な活動、民芸品の売り上げ向上です。ペルーは民芸品がとっても豊富で場所によって作っているものが全然違います。
このフェレナフェには手芸をやっている女性達がたくさんいるのだけど各自、趣味程度で作っていて売る相手といえば家族や近所の人達。そしてこの村は農業が中心で農業だけでは生活は苦しい状態。
そこで彼女達を集めてグループを作り、民芸品の品質改善、市場探しなど彼女達の収入源向上に向けて一緒に取り組もうというのが市役所の考え。
ということで、現在私はグループのリーダーになるメラニアと一緒に民芸品を作っている人を訪ねたり、フェリアの宣伝をしたり、資金集めやこれからに向けて計画を立てています。
彼女がMelania
a0126875_11884.jpg

彼女はとっても行動的でそしてすごく面倒見が良くていつも私のことを心配してくれています。いつも明るいのだけど、2人の子供がいてその父親からの暴力に苦しみ最近彼から離れて暮らすようになりました。その裁判にも付き添ったりして、そこで知ったのだけどこの村には暴力の被害に遭っている女性達がたくさんいるようです。
そんな女性達も自分で稼ぐことができれば、自分の生活を自分で改善できるのではないかとカウンターパートが熱く語っていました。

村の女性達が作っている民芸品
a0126875_1120665.jpg

a0126875_11241683.jpg

a0126875_1126401.jpg

a0126875_11292270.jpg

売れそうなものもあるけどなかには民芸品ではないものもちらほら・・・
でも、みんなやる気はあるようなので彼女達と一緒に何かできればと思います。
1年たってやっと活動らしいことができそうです。
[PR]
by tiny0702 | 2010-05-02 11:34