大好物

外国人がペルーに来るとセビッチェを絶対好むようになる。とペルー人は口を揃えていいます。
私もまんまとペルー人の言うとおりの外国人に当てはまってしまいました。
始めはどこへ食べにいってもセビチェばかりで、どこのセビチェも変わらないと思っていたのですが
チクラヨへ住んでからは毎日セビチェでも飽きないくらとりこに。
そして、チクラヨのセビチェが一番おいしい!特に元ホームステイ先のママか彼女から教わった自分で作るセビチェ。

セビチェにはいろんな種類があります。セビチェとは簡単に言うと魚介のマリネ。
a0126875_21591659.jpg

a0126875_22105720.jpg

これは一般的なセビチェミクストで、お魚やイカ、タコ、ホタテ、エビなど様々な魚介をレモン締めにしたもの。魚介であれば何でもレモンで締めて味をつければセビチェになるのです。

他にはこんなものも
a0126875_22114178.jpg

これはチンギリートといって、サメのような魚を干して千切り状にしたもの。スルメイカみたいな感じです。これもレモンであえるとセビチェになります。

a0126875_22135441.jpg

サバの塩漬け。北部ではこんな風に塩サバが出回っています。お腹の弱い人は止めたほうがいいけど
これもレモンで締めるとしめ鯖みたいでとってもおいしいです。

a0126875_22172985.jpg

色つきセビチェ。この色はペルー唐辛子やオリーブの実でソースを作ってこんな色になっています。

いろいろあってどれもおいしいけどやっぱり一番好きなのはチクラヨの素朴なセビチェ。
a0126875_22214116.jpg

チクラヨには他の地域では見られないほどあちこちにセビチェ屋さんがあってお昼になればセビチェ屋台がでてきます。
a0126875_22245517.jpg

セビチェにチリビーンズ、カンチャというとうもろこしの揚げたもの、そしてとうもろこしを潰し卵と混ぜて揚げたオムレツみたいなものがついてだいたい3ソル(100円)
みんなはおやつ代わりに食べるけど私にはこれでお腹いっぱいになります。

チクラヨのセビチェがなぜ好きなのかというと、とっても辛いから。チクラヨでは辛くしないとセビチェではないと言われていて、うちではいつも食べる時は舌をふーふーしながら食べています。
そしてうちのセビチェはたくさんのレモン、塩こしょう、クミン、お魚のだしだけで味付けたとってもシンプルなセビチェでパクチーと玉ねぎを最後にあえて食べます。
やっぱりシンプルなのが一番!みなさんチクラヨへ来たらうちのセビチェ食べにきてくださいね。
[PR]
# by tiny0702 | 2010-05-07 22:34 | 料理

お料理教室

一人暮らしを始めてから、かなり時間を持て余すようになったのでこの時間を活用して、編み物したり、読書したり、そしてブログを書く時間もたくさん持てるようになりました。
いつサボるかわからないのでやる気のあるうちに更新しておきます。

さて、最近村のおばちゃん達を対象に週1回のお料理教室を始めました。
a0126875_2138689.jpg

私が教えるということになって、おばちゃん達はとても興奮してたくさん集まったのだけど、その大半の人は日本食は中華だと思い込んで来てしまいました。
ペルー人はChifaという中華プラスペルー料理のコンビネーション料理が大好きなのでいたるところにChifa料理レストランが見られます。
ということでまずは和食と中華、というか日本と中国という国の違いからの説明から始まることに。
私達にとってペルー人とボリビア人の見分けがつかないように、日本人と中国人は同じ国民だと考えている人がたくさんいるのです。
だけど、何度言ってもChifaのリクエストが殺到するので、和食→中華→和食→中華と交代で教えることしました。

第1回料理教室は定番の肉じゃがと芋まんじゅう
写真を撮るのを忘れましたが、肉じゃがはペルーで簡単に揃う食材だし低コストだし教えることにしました。ホームステイ先でも何回か日本食を作ったのだけど彼らには味が薄いらしく、そして基本的に煮物などは砂糖を使った料理が多いので食べてくれるけど彼らの舌には合わないようです。
芋まんじゅうは、ゆでた芋より蒸した芋のほうが味があること、生地も蒸すからヘルシーなことに感動してくれました。揚げたほうがきっと彼らの好みでしょうが。

第2回 タジャリンサルタード
完全に中華とペルー料理のあいのこ料理です。おばちゃん達の訴えに負けて作ったことも食べたこともないのに調べて教えることになりました。
a0126875_2156220.jpg

簡単に作り方を説明すると、牛肉、トマト、玉ねぎ、パプリカを炒め、そこに醤油、お酢、クミン、塩、こしょう、にんにく、しょうがで味付けソースを作りそれをゆでた麺に絡めてできあがり。
a0126875_2223085.jpg

前回はノートを取らなかった人達も今回は必死でした。う~ん。

次回はおにぎり、からあげ、玉子焼きのお弁当特集。挽回するぞー!
[PR]
# by tiny0702 | 2010-05-05 22:05 | 活動

Monsefuの民芸品

Monsefu という場所がチクラヨにあります。
ここはペルーでいうスマップか嵐に値する国民的歌手グループ、Grupo5の出身地であり他にもHermanos YaipenなどMonsefu出身で有名な歌手グループがたくさんいます。
彼らの出身地としても有名だけど、グルメやそして民芸品としても有名な場所。
前にも何回か行ったことがあるのだけど知り合いの人がMonsefuの民芸品はしっかりした物を作っているというのを聞いたことがあるので何か良い情報を得ればと思い今回は視察に行ってきました。

ここにはお土産屋さんが並んでいる場所があります。(朝早く行ったのでほとんど閉まっていました)
a0126875_11495072.jpg

ここの民芸品は主に木で作ったもの、草を材料にした編み物、刺繍物が多いです。
私が気にって購入したもの達
a0126875_1263438.jpg

a0126875_12102145.jpg

a0126875_12134453.jpg

a0126875_12184742.jpg

この小物達のおかげで私の部屋がだいぶ明るくなりました。

確かに可愛いものはたくさんあるけどやっぱり、後始末の仕方や縫い方などが雑。
もししっかりしているのであれば、きっとどこかのNGOや組織が教えたのであろうからその人達に自分の村へも来てもらえるようなつてを探しに行ってきたのですが見つかりませんでした。
お店の人達にいろいろ聞くと、昔は特にアメリカ人を中心とした外国人観光客がたくさん買いにきたのだけど、今はあまり来ないと嘆いていました。
時間帯もあるけど私が行った時もほとんど人はおらず。どこも環境は同じなようです。
でもMonsefuの良いところは、民芸品の町として有名なところ、おみやげ物やさんが集中して並んでいて見つけやすいところ、Monsefu独特の民芸品があること。
私の活動地FerrenafeはMonsefuに比べるとまだまだ任地度がないしFerrenafe名物がない。
見習うところはたくさんあるようです。
[PR]
# by tiny0702 | 2010-05-05 12:33 | 活動

引越し

今までお世話になっていたホームステイ先から治安の問題などで出ることになり、一人暮らしが始まりました。
本当に良い家族で、家を出るときはみんなと泣く泣くお別れ。
だけど家を出てまだ1週間だけど結局ほとんど毎日のように顔を出しています。
いい人達にめぐりあえるということは、本当に幸せなことです。

さて、新しいお家。
大家さんには日本人の奥さんがいて、最近お二人が日本から帰ってきて1階には彼らが住み2階に私が住んでいます。
他の隊員に会える機会はたくさんないしチクラヨには日本人はいないと言われていたので、日本人に会える機会、日本語を話せる機会が増えて嬉しいです。
今のところは玄関、部屋が2つ、キッチン、バストイレという構造。
この1週間掃除して、片付けてやっと家らしくなりました。
寝室
a0126875_22484392.jpg

市場でこの子供用の寝具セットを見つけて一目惚れして買っちゃった。
この部屋だけは土足厳禁。だけどペルー人にはわかってもらえなさそう・・

キッチン
a0126875_22534132.jpg

炊飯器やコーヒーメーカー、フライパン、食器などは先輩隊員からの頂きもの。
本当に助かっています。
キッチンがあるおかげでかなり暇つぶしになっています。ペルーは食材が豊富だし何でも作れるし。
ただ、食べてくれる人がいないのでいつも残ってしまうのが問題。。。
今まではペルー料理生活だったけどこれからはセビチェは作るけどしばらくペルー料理はお休みしようと思っています。おいしいんだけどね。
市場でハマグリとタコを見つけたのでクラムチャウダーとタコのマリネを作りました。
a0126875_2383216.jpg


ダイニング兼作業部屋
a0126875_2303560.jpg

机や椅子、ベッドなどは大家さんに貸してもらって棚などはダンボールなどで代用。
あとはフルーツが入っている木の箱を市場にいって1個1ソル(約30円)で売ってもらいかなり活用しています。協力隊っぽくて気に入っています。

まだまだ殺風景だけどこれから少しずつ自分の撮った写真とペルーの民芸品を集めて可愛くしていこうと思っています。
今までずっと話相手がいたので少し寂しいけど、早く慣れたらいいな。
[PR]
# by tiny0702 | 2010-05-03 23:12 | 生活

新しいお仕事

この4月はとってもバタバタしていました。
この1ヶ月で変わったこと
・配属先
・カウンターパート
・家
・活動先
これらを変えることにすっごく悩んだけど今の段階ではこれでいいのではないかと思っています。

今までの配属先には自分の居場所もなかったし、カウンターパートは忙しくて話す時間ないし、配属先の管轄している村へいく交通手段の確保が難しくてこれまで一人でもがいてきました。
これらの問題を解決するために話し合いをしてきたのだけど、人不足で私のために人は提供できないし交通手段も提供できないということで前に進まず・・・
それなら!と一人で通えるようなもっと近い場所にしようと思って探し、今のところに落ち着きました。でも、そこは元配属先の管轄ではない・・・
本当は今まで通っていた村で続けたかったし、山奥なのでそちらのほうが援助を必要としている人が多いのだけど状況的にすごく難しくて断念しました。

今は、シカン遺跡で有名なフェレナフェという村の市役所に配属していて、主に観光事業の改善を要請としてそれに向けて話しあいを進めています。
私のカウンターパート
a0126875_1059565.jpg

おじいちゃんです。笑
でも彼は日本に4年くらいいたことがあるらしく、なかなか理解のある人だしペルー人にめずらしく時間に正確。

そして私の主な活動、民芸品の売り上げ向上です。ペルーは民芸品がとっても豊富で場所によって作っているものが全然違います。
このフェレナフェには手芸をやっている女性達がたくさんいるのだけど各自、趣味程度で作っていて売る相手といえば家族や近所の人達。そしてこの村は農業が中心で農業だけでは生活は苦しい状態。
そこで彼女達を集めてグループを作り、民芸品の品質改善、市場探しなど彼女達の収入源向上に向けて一緒に取り組もうというのが市役所の考え。
ということで、現在私はグループのリーダーになるメラニアと一緒に民芸品を作っている人を訪ねたり、フェリアの宣伝をしたり、資金集めやこれからに向けて計画を立てています。
彼女がMelania
a0126875_11884.jpg

彼女はとっても行動的でそしてすごく面倒見が良くていつも私のことを心配してくれています。いつも明るいのだけど、2人の子供がいてその父親からの暴力に苦しみ最近彼から離れて暮らすようになりました。その裁判にも付き添ったりして、そこで知ったのだけどこの村には暴力の被害に遭っている女性達がたくさんいるようです。
そんな女性達も自分で稼ぐことができれば、自分の生活を自分で改善できるのではないかとカウンターパートが熱く語っていました。

村の女性達が作っている民芸品
a0126875_1120665.jpg

a0126875_11241683.jpg

a0126875_1126401.jpg

a0126875_11292270.jpg

売れそうなものもあるけどなかには民芸品ではないものもちらほら・・・
でも、みんなやる気はあるようなので彼女達と一緒に何かできればと思います。
1年たってやっと活動らしいことができそうです。
[PR]
# by tiny0702 | 2010-05-02 11:34